BIOGRAPHY

Natasha (ナターシャ)

シンガーソングライター&ジャズボーカリスト

覚えている音楽活動の始まりはおそらく幼少の頃の「童謡ショー」。
人が集まるところでおもちゃのマイクで童謡メドレーを歌っていたこと。

中学高校でコーラス部に所属。オーストリア、ベルギー、オランダなどヨーロッパへの演奏旅行も経験しこのとき人種や言葉を超える音楽の素晴らしさを実感した。

大学時代、軽音楽部でバンド活動を始めジャズに出会い、綾戸智恵氏に師事。ジャズや音楽は勿論、人生に対して大きく影響を受けた。

大学卒業後、子供の頃からの夢だった「世界中に住みたい!」を実現するため渡米。「世界中に住む」には一番手堅い日本語教師がいいと考えカリフォルニアの大学院で言語教育の修士号を取得。
その後ロサンジェルス、UCLA Extension(カリフォルニア大学ロサンジェルス校、エクステンション)で日本語を教える。

5年のアメリカ生活の後、「アメリカ大陸、アジア大陸、ヨーロッパ大陸に住みたい」との夢をかなえるべく単身シンガポールに渡り、国立シンガポール大学などで日本語を教える。帰国後、英語教師、通訳翻訳、料理の仕事などやりたかったことを全て体験し、2005年夢の最後の大陸、憧れのフランスへ。しかし、1年ほどで体調不良のため帰国。

ここから予想もしない人生の流れが始まる。帰国後、大学時代のOBビッグバンドに誘いを受けジャズで歌手活動を再開。定期的にジャズやカバー曲の自分のライブをしていたところ2012年秋、初めてのオリジナル曲「ありがとう」ができあがり、次々とオリジナル曲を発表。

聞いていたお客様から「絶対いい曲だからCDを作り!」と勧められ、シングルCD、アルバムCD制作し、関西だけでなく、東京、名古屋、広島でもライブ活動を始める。地方からの「ライブに来てほしい」と声に応えるためにピアノの弾語りを思いつき練習を始め2014年5月からは弾き語りライブも開始。

2016年、春、台湾にて、夏ニューヨークにてミニコンサートでジャズとオリジナル曲を歌い好評を博す。2017年は3月台湾にて初の公式ライブを行う。6月全曲オリジナルの2ndアルバムCD「Unlimited」発売予定。世界に向けて発信するために精力的に活動中。

PAGE TOP